腰痛対策グッズ

腰痛解消に!温湿布・冷湿布の使い分けと貼るべきトリガーポイント

腰痛と湿布

身体の痛みを鎮める際に良く用いられる湿布。腰痛対策に使用している方も多いのではないでしょうか。
しかし実は湿布には種類があり、腰痛の症状に合わせて適切に使わなければ、悪化させてしまう場合もあるということはご存知ですか?

今回は温湿布と冷湿布、それぞれの特徴と、腰痛解消のための正しい使い方をご紹介します。

温湿布と冷湿布

冒頭でも書いたように、湿布には「温湿布」と「冷湿布」の二種類があります。

温湿布

まずは温湿布です。
これは書いて字のごとく、患部を温める作用がある湿布になります。

温湿布の効果

温湿布にはトウガラシエキスやノニル酸ワニリルアミド、ニコチン酸エステルなどの成分が含まれています。
これらの成分は貼った部分の血管を拡張し、血流を促進してくれる効果があります。

温湿布を使用する際の注意点

有効成分のトウガラシという単語からも想像できるかもしれませんが、温湿布は皮膚への刺激が強いです。
肌がかぶれてしまう場合もあるので、様子を見ながら使用するようにしましょう。
薄いガーゼの上から貼るのも有効です。
またお風呂に入る1時間くらい前には剥がしてください。

冷湿布

こちらは温湿布に対し、貼った部分がひんやりと冷たくなる湿布です。

冷湿布の効果

冷湿布にはサリチル酸メチル、ハッカオイル、メントールなどの、スーッとする冷感成分が含まれます。
これらは冷たく感じられるだけではなく、実際に皮膚や筋肉の温度を下げてくれる効果があります。

冷湿布を使用する際の注意点

冷湿布はパップ剤とも呼ばれ、水分を多く含むので湿布自体が分厚くなります。
粘着力が弱く、重みもあるので簡単に剥がれてしまいます。
効果を最大限発揮するためには、サージカルテープなどで固定して使用しましょう。

腰痛の症状に合わせた湿布の使い分け

それでは温湿布と冷湿布の特徴に続き、症状に合わせた使い分け方を見ていきましょう。

慢性腰痛には温湿布を

いつも腰が痛い、重いといった腰痛は筋肉の凝りが原因となる場合が多くあります。
特に筋肉が硬い、冷たいといった場合には温湿布の持つ血行促進効果により、症状の改善が期待できます。

しかしここで注意が必要なのが、ストレス等が原因の心因性腰痛や、姿勢の悪さから来る関節への負担など、別の原因がある場合には専門家の診察が必要です。

急性腰痛には冷湿布を

ぎっくり腰や打撲、捻挫など、激しい痛みを伴う急性の腰痛時には、筋肉や周辺組織が炎症を起こしています。
このような症状に対しては、冷感湿布の持つ消炎作用が有効です。
症状が出始めてから数日くらいは冷湿布を使用しましょう。

しかし腰痛には様々原因があります。
もし一週間程使用しても改善が見られなければ、椎間板ヘルニア等の可能性もあるので、整形外科で検査を受けることをおすすめします。

湿布を貼る場所

実は湿布は適切な部位に貼ることがとても重要になります。
腰が痛いのだから腰に貼ればいいのではないかと思うかもしれませんが、それでは改善が見られないケースもあります。

慢性腰痛にはトリガーポイント

いつも腰が痛いという慢性腰痛のほとんどは、症状に合わせて温湿布を使ったとしても良くならないことがままあります。
原因が筋肉の凝りなのに、腰を揉んでも良くならないという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

これは腰痛がある患部と、腰痛を引き起こしている「トリガーポイント」が別の場所にあるからなんです。
筋肉の凝りが原因の慢性腰痛の際には、トリガーポイントに温湿布を貼ることで症状が改善されます。

トリガーポイントの探し方についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

急性腰痛には患部に直接

次に急性腰痛ですね。
こちらは外傷や外部からの衝撃、腰への過度の負担等により、患部が炎症を起こしてしまっていることによるものです。
トリガーポイントが原因の慢性腰痛とは違い、痛みが出る部分と悪い部分が一致しているんですね。
なので冷湿布を直接痛い部分に貼ることで、症状の緩和を期待することが出来ます。

まとめ

・湿布は適切に使用することで腰痛解消に効果的
・湿布には温湿布と冷湿布があり、症状に合わせて使い分けが必要
・慢性腰痛の時はトリガーポイントに温湿布を貼る
・急性腰痛の時は痛みが出ている部分に直接冷湿布を貼る

 

-腰痛対策グッズ